腰部の症状

坐骨神経痛

(1)坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は

腰から足にかけて伸びる

身体の中で最も太い

坐骨神経が

何らかの原因により

刺激や圧迫を受けることで

腰・臀部・下肢に

痛みやシビレなどの症状が

みられます。

 

症状が悪化すると

「立っているだけで辛い」

「座っていても痛みがある」など

日常生活に支障が出る恐れがあります。

 

坐骨神経痛の原因は?

・腰椎椎間板ヘルニア

 

・腰部脊柱管狭窄症

 

・梨状筋症候群

 

・長時間座位による坐骨神経の圧迫

 

・筋力の低下

 

など

 

(2)当院の対応

坐骨神経痛の症状がみられる場合

身体全体のバランスが崩れている

可能性があります。

 

しかし

身体のバランスを整えても

痛みが無くなる患者様もいれば

痛みが変わらない患者様もいます。

 

その場合

他の原因があることになります。

 

その他の原因をみつけて

施術することで

坐骨神経痛の症状を

取り除くことができます。

 

痛みの原因は

一つとは限りません。

 

坐骨神経痛の症状で

お悩みの方は

『あいみ接骨院』へ

すぐにご相談ください。

腰椎分離症

(1)腰椎分離症とは

サッカー,野球,バレーボール,ラグビーなど

腰をひねる動作が激しい

スポーツをしている人に

みられる疲労骨折の一種です。

基本的に1回の衝撃で

発生することは少なく

腰に負担のかかる動作を

繰り返すことにより

疲労が蓄積し発生します。

 

始めは亀裂が入る程度ですが

症状が進むと腰椎の椎体と椎弓が分離し

腰部に痛みなどの症状が発生します。

腰椎分離すべり症

(1)腰椎分離すべり症とは

本来、腰椎(背骨)は積み木のように

重なっています。

 

腰椎分離すべり症とは

腰椎分離症を放置することで

腰椎の安定性が失われ

腰椎が前方にずれている状態です。

 

どんな症状があるの?

腰痛の他に坐骨神経痛に沿って

痛みやシビレなどの症状が

発生します。

症状の度合いは腰椎がどの程度ずれているかで

変わってきます。

 

症状が進むと

数分間歩くことで下肢にシビレが発生し

休むことでシビレが解消する

間欠性跛行という症状がみられます。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 -

【月〜金】
9:00〜12:00
15:00〜20:00

【土曜】
9:00〜12:00
14:00〜16:00(△)

【祝日】
9:00〜12:00

【定休日】
日曜日

所在地

〒350-1114
埼玉県川越市
東田町16-3
パレスゴールド川越104

049-247-2638

お問合せ・アクセス・地図

PageTop