下肢の症状

オスグット・シュラッター病

(1)オスグット・シュラッター病とは

成長期の子どもが

サッカーやバスケ,バレーボールのような

ボールを蹴る,跳ぶ,走る動作が

多いスポーツをすることにより

大腿四頭筋(腿の前の筋肉)が

収縮を繰り返し

脛骨粗面(膝のお皿の下にある骨)が

強く引っ張られ

成長軟骨の一部が剥がれてしまった

状態です。

 

どんな症状があるの?

・脛骨粗面部の圧痛,腫脹

・膝の屈伸,走るなどの動作で膝がズキズキする

・脛骨粗面が徐々に突出する

 

(2)一般的な対応

・アイシング

・湿布

・大腿四頭筋ストレッチ

・痛み止め処方

 

(3)オスグット・シュラッター病への当院の対応

当院では

痛みの出る膝関節だけでなく

足関節,股関節,骨盤の歪みを

整えることにより

膝にかかる負担を軽減し

症状を解消することにより

スポーツへの早期復帰を目指します。

 

また

トレーニング指導も並行して行い

以前よりいい状態でスポーツに

復帰していただけるよう努めています。

腸脛靭帯炎

(1)腸脛靭帯炎とは

通称「runner´s knee」と呼ばれ

過度にランニングや

膝関節の屈伸運動を

繰り返すことにより

膝関節に負担がかかり

膝の外側にある靭帯と骨に

摩擦が生じ炎症を起こします。

 

(2)腸脛靭帯炎への当院の対応

当院では炎症症状を

早期に抑えるために

超音波などの物理療法は

もちろん

関節が正しく・スムーズに

動くように

膝関節だけでなく

足関節,股関節,骨盤を

同時に整えていきます。

 

膝関節は日常生活や

運動時において

常に負担がかかっています。

 

靭帯の炎症をはじめ

関節周囲の痛みを放置すると

歩行や立位が困難になって

しまうことがあります。

 

少しでも違和感を感じたら

当院へご相談ください。

鵞足炎

(1)鵞足炎とは

縫工筋,薄筋,半腱様筋が

付着する膝の内側にある

鵞足といわれる部分が

炎症を起こし痛みが発生します。

 

スポーツを行う方に多くみられ

走る,跳ぶ,着地時などに

膝の内側に繰り返し負荷が

かかることにより発生します。

 

(2)鵞足炎への当院の対応

関節が正しく,スムーズに

動かせるよう

症状のある部位だけでなく

足関節,膝関節,股関節,骨盤の

歪みを整えることにより

症状の早期解消を目指します。

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)

(1)膝蓋靭帯炎とは

バレーボールやバスケのように

ジャンプ動作を繰り返したり

サッカーや陸上のように

長時間走るなど

膝に負担のかかる

スポーツをしている方に

多くみられます。

 

どんな症状があるの?

ジャンプやジャンプ着地時

ランニング時などに

膝蓋靭帯(膝のお皿の下方部)に

痛みなどの症状が

発生します。

 

(2)膝蓋靭帯炎への当院の対応

当院では

患部である膝関節の

施術と並行して

足関節,股関節,骨盤の歪みを

調整します。

 

身体の土台となる下肢を

安定させることにより

スポーツ時に身体にかかる

負担を下肢全体で

均等に吸収し

膝にかかる負担を

軽減することで

痛みを解消します。

過労性脛部痛(シンスプリント)

(1)過労性脛部痛とは

一般的にはシンスプリントと

呼ばれており、

脛の後面内側に筋・骨膜に

炎症または損傷が

起きている状態です。

 

何故、炎症症状が起きてしまうの?

ランニングやジャンプ、ターンなどを

繰り返すことで疲労がたまり

筋肉が固くなります。

それにより

衝撃を吸収できなくなり

足にかかる負担が

大きくなることで

発生します。

 

(2)一般的な対応

・湿布アイシング

・ストレッチ

・湿布

・運動の中止指導

 

(3)過労性脛部痛への当院の対応

過労性脛部痛は炎症抑え、

運動を休めば症状が解消すると

考えられています。

 

しかし

 

それだけでは再発のリスクがあります。

 

なぜなら

 

症状が出ている

場所しか見ていないからです。

 

当院では

一見痛みとは関係がないと思われる

骨盤・股・膝・足関節・足底部を観察し

バランスを調整することで

下肢全体でスポーツ時にかかる

負担をしっかり吸収できるようにし

患部にかかる負担を軽減し

再発防止、症状解消を

目指します。

 

また

 

トレーニング指導を

並行して行うことで

以前よりいい状態で

スポーツに復帰していただけるよう

努めています。

 

アキレス腱滑液包炎

(1)アキレス腱滑液包炎とは

アキレス腱は

踵骨部に付着しています。

 

アキレス腱の付着部には

摩擦を軽減させる袋が

2つあります。

 

この袋が

ランニング,ダッシュ,ジャンプ,などで

発生する繰り返される過度の摩擦により

炎症を起こします。

 

ほとんどが使い過ぎによるものが多く

ケア不足が否めません。

 

予防やケアをしようにも

やり方やどこをケアすれば良いか

分からない方が多くいらっしゃいます。

 

(2)アキレス腱滑液包炎への当院の対応

症状の解消を行うことはもちろん

原因となる

下肢の軸のずれ,偏平足

運動時の身体の使い方などを

細かく施術,指導をしてきます。

アキレス腱炎

(1)アキレス腱炎とは

ランニングや跳躍競技などで

下腿三頭筋(ふくらはぎ)に

反復して負荷がかかることにより

アキレス腱部に炎症が起こり

痛みが生じます。

 

他にも

・扁平足

・筋力の低下

・柔軟性の消失

・足に合っていない靴を履き続ける

など

原因は様々です。

 

どんな症状があるの?

アキレス腱部に

・圧痛

・腫脹

・熱感

症状が進むと歩行もままならなく

なることがあります。

 

(2)一般的な対応

・安静指導

・痛み止め注射

・湿布

・理学療法

 

(3)当院の対応

当院では

下腿三頭筋の負担を減らすために

患部だけではなく

足関節,膝関節,股関節,骨盤の

バランスを整え下肢にかかる衝撃を

うまく吸収できるような

土台作りをすることにより

症状解消,再発防止を目指します。

足底腱膜炎

(1)足底腱膜炎とは

つま先から踵につく「足底腱膜」が

炎症を起こすことにより

踵や足の裏に症状が発生します。

 

走る,跳ぶなどが多く

足の裏に負荷がかかりやすい

スポーツをしている方に

発生しやすいです。

 

起床時の一歩目に

足の裏に強い痛みを感じる

特徴があります。

 

(2)当院の対応

当院では

患部だけではなく

膝関節,股関節,骨盤の

バランスを整えることにより

足底にかかる負担を軽減し

下肢にかかる衝撃を

下肢全体で吸収できる

土台作りをすることにより

症状解消を目指します。

外反母趾

(1)外反母趾とは

足の親指が内側に

変形している状態です。

 

多くは女性にみられ

偏平足や

つま先の細い靴を

履き続けることが

原因となることが

あります。

 

どんな症状があるの?

関節の外反変形に伴い

歩行時や親指に体重をかけた際

ズキズキとした感覚が現れます。

腱膜の肥厚や

変形が強くなると

親指が人差し指の下に

入り込み、タコを作り

強い痛みを感じます。

 

(2)外反母趾への当院の対応

当院では

靴,中敷きの指導を始め

偏平足と足の横アーチを

独自のやり方で補正し

変形の解消していきます。

 

変形の進行が強いものは

手術対応になることもあります。

 

変形が軽度の時から

対処していきましょう!

外脛骨

(1)外脛骨とは

10~15歳で足に負担のかかる

スポーツをしている方に

症状が発生します。

 

足の舟状骨という骨の

内側に余分な骨ができて

いる状態です。

 

足の内側に骨の出っ張りが

生じますが、

それ以外の症状は

出ないことがあります。

 

運動時や靴に外脛骨が当たり

痛みが生じる場合

「有痛性外脛骨」と呼ばれます。

 

 

偏平足

(1)偏平足とは

土踏まずがなくなり

足の裏全体が

地面に接地している状態です。

 

土踏まずは

・歩く・走る

・跳ぶ

・ジャンプの着地

などの

足にかかる衝撃を

吸収するクッションの

役割があります。

 

土踏まずがなくなり

足の裏が平らになってしまうと

足にかかる衝撃を吸収できず

足や腰に負担がかかり

様々な部位に痛みが発生します。

 

症状が進むと歩くだけで

足の裏,足関節,膝関節,股関節

などに

痛みが出ることがあります。

 

(2)当院の対応

当院では

靴,中敷きの指導を始め

つぶれた土踏まず(内側縦アーチ)を

独自のやり方で補正し

症状を解消していきます。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 -

【月〜金】
9:00〜12:00
15:00〜20:00

【土曜】
9:00〜12:00
14:00〜16:00(△)

【祝日】
9:00〜12:00

【定休日】
日曜日

所在地

〒350-1114
埼玉県川越市
東田町16-3
パレスゴールド川越104

049-247-2638

お問合せ・アクセス・地図

PageTop