肩の不調や肩こりで接骨院をお探しの方へ

肩の不調や肩こりはどんな状態?

◆肩の不調や肩こりとは?◆

 日常的に肩の不調、倦怠感などの「肩こり」に悩んでいる方が多くいると思いますが、肩こりとは、一般的に筋肉の強い緊張状態が続くことにより、肩に出る不調や倦怠感を症状とするものをいうことが多いです。では、なぜ筋肉が強い緊張した状態になってしまうのか?この原因には様々なものがありますが、大きく分けると以下の3つが考えられます。

 

◆肩の不調や肩こりの原因◆

①日常生活での負担

 精神的なもの」「い姿勢の持続」運動不足」など、日常生活における様々なことが肩こりの原因に関係します。特に姿勢に関しては骨盤の歪みが関与するなど、「肩こり」に直接関係ないと思うようなことが原因になることもあります

 

②整形外科的な疾患

 「肩こり」は整形外科的な疾患に伴う合併症として起こる場合があります。

 例としては、変形性頚椎症五十肩肩関節周囲炎などがあります。

 

③その他の疾患

 内科的な疾患においても合併する場合があります。

 例としては、貧血高血圧更年期障害狭心症などがあります。

肩の不調や肩こりによる日常生活への影響

 ご自身で大したことないと判断したり、たかが「肩こり」と油断して不調を放置してしまうと、さらに不調が悪化し日常生活に支障が出てしまう場合もあります。違和感や軽度の不調を感じるなど、初期症状での「肩こり」に対する施術開始は、早ければ早いほどお身体に良い効果が早期に現れます。なので、軽度といえど「肩こり」の症状がある場合は早めに当院へ受診することをおすすめしております。

 

肩に軽度の不調がある場合でも放置せず、すぐに当院へご相談ください!

四十肩・五十肩でお悩みの方へ

◆四十肩・五十肩とは?◆

 今までに「四十肩・五十肩」という言葉を聞いたことはありますか?

 

 「四十肩・五十肩」は少し前までは医師により肩関節周囲炎と診断されていました。これは肩関節周囲の筋肉・靭帯・腱・関節包などの軟部組織が固まり、炎症を起こして不調が出るものを総称した呼び方でした。近年では、医学・診断技術の進歩により、総称ではなく不調の根本部位を突き止めて診断名が付きます。この根本がハッキリしないような場合の呼び名として、「四十肩・五十肩」が使われています。

 

 基本的にぶつけた、捻ったなど、ケガの原因に心当たりがないにもかかわらず、

『着替えをする時に肩に痛みがある』

『肩が痛くて髪の毛が洗いにくい』

『夜寝返りをうつと肩に激痛が走る』

『激痛で肩が上がらない』などの、症状がある方が「四十肩・五十肩と判断されます。

 

四十肩・五十肩を放っておくと...

 「四十肩・五十肩」は安静にしていれば治る!とお考えの方がいるかもしれませんが、痛みが消えたからといって治ったというのは違います。動く範囲が狭まっていたり、再発の可能性もあります。回復に時間がかかる場合もあり、長期の施術を必要とすることもありますが、途中で通院を止めたりせず、しっかり回復するまで続けましょう!ただし、施術しても全く変わらないようであれば、施術内容に問題があるかもしれません。先生によく相談してください。

 

 初期の数週間はじっとしていても激しくズキズキする不調を感じることがあります。その後、不調は軽減しますが肩が動かしにくいと感じたり、全く上がらなくなることがあります。数ヶ月~数年で不調と動かしにくさをあまり感じなくなりますが、無理に動かそうとすると再発することもあります。また、不調により肩を動かさない場合、肩周辺の筋肉が固まってしまいさらに肩が動かしにくくなってしまいます

 

「四十肩・五十肩」の回復のためには、原因となる肩周囲の筋肉を柔軟にし、

  動きが鈍くなった肩関節を徐々に動かし可動域を広げていくことが重要です

 

四十肩・五十肩の予防

 「四十肩・五十肩」は突然に不調が出るものとは限りません。前兆として肩に違和感や腕にしびれを感じることがあります。理由の1つに、日常生活動作の中で両手をバンザイのように真っ直ぐ上に挙げることがないため、挙げるときに使う筋肉が弱くなったために発生することが考えられます。全身のストレッチや適切な運動を習慣にすることにより「四十肩・五十肩」の予防になります。できる範囲で毎日続けることが大切です!

 『肩に痛みがないから大丈夫!』『まだ若いから必要ない!』とお考えの人も注意しましょう!

 

 将来肩の痛みに悩まされないように予防は早いうちから始めましょう!

肩の不調や肩こりに対するあいみ接骨院での施術

 当院では、肩の不調や肩こりに対して丁寧な問診(カウンセリング)・動作検査を行い、お話いただいた内容や動きの検査により不調の根本的な原因を特定し、原因回復のために的確な施術を行うことで不調の回復を図ります。的確な施術をするためには、肩とは無関係と考えられるような部位も施術する必要がある場合もあります。患者様の誤解を招かないようにしっかり説明した上で施術させていただきます。また、肩こりが再発しないように日常生活においてもアドバイスをさせていただきます。

 

 肩関節の周囲の石灰化など、接骨院での施術対象外となる内容については、整形外科をはじめ専門医へ紹介させていただくこともあります。専門医への受診が必要と判断できる場合は、こちらから提案・相談させていただきます。

 

 肩こりや肩の不調・違和感などでお悩みの際は、すぐに当院へご相談ください。

肩の不調や肩こりの予防

◆適度な運動を心がけましょう!◆

 肩こりの場合、首や肩の筋肉が固まることで血液の流れが悪くなっていることがあります。筋肉は血液を送るポンプのような役割をしています。そのため、適度な運動で筋肉を使うことにより、悪くなった血流の流れを良くする効果があり、同時に筋力の低下を防ぐことが可能となります。

 

◆首・肩を冷やしすぎると・・・◆

  夏のエアコンによる冷やしすぎ冬の寒さにより身体に力が入ってしまう行為は肩こりの原因になることがあります。また、自身の汗によって冷えることもあります。冷えたと感じたら、蒸しタオルシや温かいシャワーを使って肩や首の周りを温めましょう。

 

◆携帯・パソコンを使う時の姿勢に注意を!◆

 携帯やパソコンを使用する際、普段より頭を前に突き出すような姿勢を取る方が多くいます。スマホ症候群などと言われることもありますが、自身では気付いていないことも多く、このような姿勢を長時間続けると、頚や肩の筋肉が常に緊張することになり、疲労がたまりやすくなります。疲労がたまることで筋肉が固まり血液の流れが悪くなり肩こりが生じます。

 

同じ姿勢を長時間取り続けることを避けるため、時間(20~30分に1度)を

 決めて作業の合間に首や肩のストレッチを行うことで肩こりを予防しましょう!!

受付・施術時間

 
午前 -
午後 -

【月〜金】
8:00〜12:30
15:00〜20:00

【土曜】
8:00〜12:30
14:00〜16:00(△)

【祝日】
8:00〜12:30

【定休日】
日曜日

所在地

〒350-1114
埼玉県川越市
東田町16-3
パレスゴールド川越104

049-247-2638

お問合せ・アクセス・地図

PageTop