腰痛で接骨院をお探しの方へ

腰痛の原因は何?

◆原因には様々な要因が挙げられます!◆

単純に重い荷物を持ち上げた際に痛めたなどの場合は、原因もわかりやすいのですが、重い物を持ち上げたなどの決定的な理由が無く、よくわからないけど痛くなったということもあります。しかし、理由無く腰痛になるということはありません

 

必ず原因となる理由は存在するので、当院ではその理由をカウンセリング(問診)で紐を解くように

聞き出すことをしています。患者様ご自身が理由に気付いていないような場合でも、納得していただける原因を突き止めることができます。

 

腰痛の原因には本当に様々なものがあり、患者様にお話しいただいた情報の中から、疑われる要因を挙げて患者様に再確認させていただき、動きの検査などにより根本となる原因として考えられるものを突き止めていきます。

 

その根本となる原因ですが、中には全く予想もできないような部分が原因となっていることもありました。

例を一つ挙げると、過去に診させていただいた患者様の中で吹奏楽の演奏者の方がいました。この患者様は座った状態で演奏する「チェロ」という弦楽器を演奏している方でした。安易に考えると座っている時間が長いために腰への負担が大きいのか?と考えられますが、この患者様は腰自体には問題が無く、結論からいうと左手の母指の動作制限が根本的な原因というものでした。

実際に施術したのは左手のみで、腰は可動域の確認や感覚の確認のみでしたが、回復することができました。

 

このように、思いもしないような部位が原因ということもあり、患者様の希望に寄り添い、根本となる原因への適正な施術により患者様が望む結果を実現できます。

腰痛でお悩みの方へ

◆腰痛の原因は必ず腰にあるとは限りません!◆

腰が「痛む時・つらい時」に腰を揉んで欲しいと思うことがあると思います。揉んで楽になれば良いのですが、揉んだ後に逆につらさが増したなどの経験はありませんか?

単に腰の筋肉が緊張しているのが原因なら揉むことによりつらさが軽減することも期待できますが、痛みやつらくなる原因が別の部分にある場合は、いくら腰を揉んでも回復は期待できません。

 

実際に、腰部の不調を感じる前に脚(足)がしびれる感じがしたり、足首に力が入らないなどの症状が出現することがあります。このような前駆症状の段階で対応できれば、悪化を防ぐことができ早期回復へと導くことが可能です。

 

原因がどこにあるのかをしっかりと見極め、適正な施術を受けてください!

腰部の不調で手術をお考えの方へ

◆早期決断は禁物です!◆

腰の痛みに悩み、医師に手術をすすめられている場合、焦って手術を決断する必要はありません。ご自身が納得した上で手術することを決断してほしいと考えますが、手術すると決断する前に、まだまだできることがあるはずです。

 

当院では、ヘルニアや脊柱管狭窄症のために手術をすすめられた患者様や、側弯症のために手術をすすめられた患者様もいましたが、当院でのカウンセリングを受け、患者様自身が納得して継続した通院で頑張った結果、痛みを解消して『手術を回避』することができています。そして、今現在も再発することなく、楽しい日常を過ごすことができています。

 

腰部の手術となると全身麻酔下にて施されることになり、この麻酔も危険性がゼロではありません。医療ミスではなくとも麻酔が効き過ぎてしまい身体の不自由が生じてしまった例があります。できることなら、そのような危険を冒してまで手術はしたくないと考えられると思うので、手術を決断する前にもう一度検討していただくことをおすすめします。

医学は常に進歩しています。

 

今現在は手に負えないことでも

将来的には

回復を見込めるものになる

可能性もあります。

PageTop