骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷とは

骨折とは

◆骨が折れると書きますが...◆

骨折には医学的に定義と呼ばれるものがあります。その骨折の定義とは「骨折とは骨組織の連続性が完全あるいは部分的に離断された状態をいう」(引用:全国柔道整復学校協会監修 柔道整復学・理論編)というものです。

 

骨折といっても健康な人に発生する骨折を外傷性骨折と呼び、病気などが原因で発生する骨折は

病的骨折と呼びます。基本、接骨院で扱う骨折は外傷性骨折となります。また、定義の中に完全または不完全という言葉がありますが、完全というのはボキッと真っ二つに分かれたものや粉々に粉砕されたものをいい、不完全というのは子供に多いのですがしなる様に曲がったものなどで、折れたところが

離れていない状態のものです。

 

骨折には様々なタイプがあり、折れているかどうかの判定にはX線(レントゲンとも呼ばれる)画像による診断が必要となります。中には、X線画像でも判定ができないものもあり、そのような場合はMRI画像検査による診断を必要とすることがあります。

 

接骨院ではX線検査はできませんが、当院では、症状や患者様の状態からX線検査が必要と判断した時には、提携している医院(医師)を紹介させていただきます

脱臼とは

◆関節が外れているだけ?◆

脱臼というと、関節が外れた・抜けたなどの表現をすることが多いと思いますが、脱臼には医学的に定義と呼ばれるものがあります。その脱臼の定義は2つ有ります。

 

1つ目は、「関節を構成している関節端が解剖学的状態から完全または不完全に転位して関節面の生理的相対関係が失われている状態」(引用:全国柔道整復学校協会監修 柔道整復学・理論編)をいうとあり

 

2つ目は、外傷性脱臼のことを定義していますが、「外力により関節がその生理的範囲以上の運動を強制された場合関節端の一方が関節包を損傷して、その裂孔から関節外に出た状態をいう」(引用:全国柔道整復学校協会監修 柔道整復学・理論編)とあります。

 

外傷性脱臼というのは健常者が転んだなどで外力を受けて脱臼したものをいいます。簡単にいうと脱臼は、関節を覆っている関節包という袋を破って骨の端が袋の外に出た状態をいうので、関節が外れた状態なのですが脱臼するときに骨折を伴ったり、靭帯や筋を痛めたりすることがあるので、関節が外れているだけという表現では難しいものがあります。

 

脱臼と同時に別のケガを負っていることが考えられるので、脱臼も医師によるX線画像診断が重要となります。外れた関節を元通りに戻したからといって放置せず、しっかりと処置をしましょう!

 

当院では、提携している医院を紹介することができ、その上でしっかりと回復のお手伝いをさせていただきます。

捻挫とは

◆「ひねった・くじいた」という表現をしますが...◆

捻挫というと「ひねった」という表現をすることが多いと思います。この捻挫にも定義があります。

その定義は「骨と骨の間に起こる急激なねじれあるいは激しい外力による関節周辺の関節包や靭帯の損傷をいう」(引用:全国柔道整復学校協会監修 柔道整復学・理論編)とあります。

 

ひねって関節を損傷したという大雑把な内容ではありません。関節周辺の軟部組織と呼ばれる関節包・筋・腱・靭帯などの部分的な内容となります。なので、実際の施術においても捻挫という大きなとらえ方のみでは回復が思わしくありません。

・靭帯を痛めたのか?

・筋肉を痛めたのか?

など、損傷した組織が何かまでを診なくてはいけません。

 

少し捻じっただけだから大丈夫と放置すると、数年後または歳を重ねてから大きな機能障害になりかねません。機能障害(動きに支障をきたす)が出現すると

・歩けなくなる

・歩きづらい

・立ち座りが厳しい

などの日常生活にも支障きたし、日々の生活に制限が生じることも考えられます。このようになってしまうと、趣味の運動や旅行にお出かけなども気ままに出来なくなってしまうかもしれません。そのためにも、すぐに適正な処置をする必要があります。

 

当院は、捻挫による詳細な損傷部を判別する確かな技術・知識があります。

ご安心してお任せください!

打撲・挫傷とは

◆「打撲」と「挫傷」は何が違うの?◆

「打撲」はぶつけたことによるケガというのは一般的にも知られていますが、「挫傷」を説明するとなると簡単には表現できないかもしれません。実際、ケガの発生理由が同じということがあります。

 

例えば、野球をしている時に太ももにボールが強く当たったとします。この時、表面上の損傷であれば

打撲となりますが、これが深部の時には挫傷となることがあります。簡潔に説明すると、表面上が打撲

深部が挫傷となります。

 

もっと分かりやすい例を挙げるとすれば、頭をぶつけて表面上にコブができた状態だけど意識もしっかりしていて大丈夫となれば打撲となり、頭をぶつけて脳に損傷がある時には挫傷となりますが、脳に損傷があるのに脳打撲とは言いません。

 

専門的な知識を持って診ることで、患者様の状態がどのようなことになっているのかを判断することができます。これには経験も必要ですが、常に先進の知識・技術を取り入れ研修を重ねる必要があります。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 -

【月〜金】
9:00〜12:00
15:00〜20:00

【土曜】
9:00〜12:00
14:00〜16:00(△)

【祝日】
9:00〜12:00

【定休日】
日曜日

所在地

〒350-1114
埼玉県川越市
東田町15-5
エルドラド文410号室

090-6118-4901

お問合せ・アクセス・地図

PageTop