労働災害への対応

通勤中や仕事(業務)中にケガをされた方への対応

◆通勤中や仕事(業務)中にケガをされた場合は労働災害の扱いになります◆

通勤中や仕事(業務)

時間内にケガをした場合は

労働災害の扱いとなり

健康保険証での

施術適応とはなりません。

 

通勤中のケガに関して

勤務する会社に通勤経路を

報告しているはずなので

 

その経路上でのケガに対して

通勤労働災害が適応されます。

 

例えば

 

通勤経路から1駅だけ離れて

買い物に行った際にケガをした

 

という場合には

通勤労働災害は適応されません。

 

また

 

飲み会などに参加して

帰りが遅くなった時に

 

通勤経路上でケガをしても

適応されないことがあります。

 

実際には

あらゆるケースがあり

判断が難しいことも多々あります。

 

そのような場合は

会社が認めるかどうかになるので

会社に相談していただくことに

なります。

 

仕事(業務)中のケガにおいては

業務時間内という条件があります。

 

例えば

 

昼休みに軽い運動をしていて

ケガをしたという場合では

労働災害適応は難しいです。

 

また

 

業務時間内でも

業務に関係のない行為によって

生じたケガに関しては

労働災害の適応とは

ならないことがあります。

 

通勤中や仕事(業務)中に

ケガをされた場合は

速やかに会社へ報告していただき

 

接骨院に通院する旨も

伝えていただき

所定の用紙がありますので

会社より所定の用紙を

発行してもらってください。

 

会社が労働災害と認めていれば

所定の用紙が発行される前から

接骨院に通院しても問題ありません。

 

労働災害という内容を知らずに

当院へ来院された患者様もおりますが

 

そのような場合は

問診(カウンセリン)の際に

「労働災害の適応となるケガ」

ということをしっかり

説明させていただきます。

 

※過去に誤った認識で

「労働災害扱いにすると

 会社に迷惑をかける」

 というお考えを持っている

 患者様がいました。

 

 労働災害ということを隠して

 健康保険証による施術を受けると、

 【労働災害隠し】となり

 犯罪となってしまいます。

 

 正しい対応を

 取っていただくことを

 お願い申し上げます。

PageTop