膝痛・足首痛・歩行痛などで接骨院をお探しの方へ

膝・足首・歩行に関するお悩みをお持ちの方へ

◆人生100年時代!歳を重ねても元気な毎日に!!◆

 膝や足首において、不調や動きづらさなどの悩みがあると、日常生活における様々な場面で困ることがあると思います。

 

『長時間歩くことができない』

『階段で足をつくとズキッとして昇れない・降りれない・転倒しそうになる』

『寝ていても寝返りを打つたびにズキッと電気が走り起きてしまう』

『動かすとズキズキして着替えるのもしんどい……』

 

  こういった悩みがあると人生100年の時代を考えられるようになっている昨今、寝たきりで100年ということになってしまうかもしれません。今後のためにもできるだけ早く解消しないといけません。

 今現在、当サイトをご覧になっている方の中にも、すでに医療機関へ通院を開始されていたり、自分で体操をするなどして不調の解消を図っている方もたくさんいると思います。ご自身で努力され、自己管理も頑張っているなど素晴らしい努力をしているけど…それでも思うように回復していないという方もいると思います。

 

☆ご自身の頑張りをしっかりと回復につなげるためにも、今すぐ当院へご相談ください!

膝・足首・歩行の不調について

◆脚は体重を支える重要な働きがあります◆

 足首は、体重の負担がかかる荷重関節です。荷重がかかるということは、歩くことで常に負荷がかかっています。不調の状態では体重がかかることでより大きな負荷になってしまいます。

 

 足首のケガで最も多いのは関節を支える靭帯の損傷です。これは捻挫といわれるケガになります。捻挫くらい大したことはないと思う方もいるかもしれませんが、捻挫を甘く見てはいけません!

   しっかり治療しなければ、靭帯による骨と骨のつながりが弱くなるため、足首のゆるみが残ってしまい捻挫を再発しやすくなってしまいます。また、足首から身体のバランスが崩れ、膝・股関節・腰など他の部位に不調が出ることがあります。酷いケースでは頚・肩の痛みや頭痛などの原因となることもあります。

 

 早期対応による適切な処置が大切です。捻挫だからと軽んじたり我慢したりせず、すぐに診てもらいましょう!

通院しているのに改善しない理由

◆不調の本当の原因は何?◆

 通院しているのになかなか回復しないという場合、それはもしかしたら、不調の原因がわからないまま施術をしている。あるいは現時点で原因と考えられている部分が本当の原因ではないのかもしれません。

 

 不調には、それぞれ原因が存在します。そして、その原因は人それぞれ異なります。そのため、不調の原因を見つけないまま、その場だけ何となく気持ち良くなるようなマッサージをしてもらっても、なかなか施術の効果を感じられなかったり、すぐに不調が再発してしまう可能性があります。また、不調の原因だと言われている部分が、実は本当の原因ではなかった場合、当然ですが期待する施術の効果は感じられないと思います。場合によっては不必要な箇所に施術をすることにより、症状の無かった他の部分まで不調となってしまうことも考えられます。

 

☆しっかりと原因を見つけ、原因に対して的確な施術をして回復に導くことができる当院へ

 すぐにご相談ください。

手術をしても改善しない理由

◆できるならば身体にメスは入れない方が良いのですが...◆

 「手術をすれば良くなるから」と言われ手術を決意したにもかかわらず、不調が回復しなかったという患者様が来院されることもあります。

 

 手術では、不調のある部分に対しての治療が多いです。手術をしても『身体のゆがみ』や『正しい身体の動かし方』を知らなければ完全に不調をなくすことは難しいです。手術後に、リハビリをしても不調が再発してしまう方は、他の部分に不調の原因があると考えられます。不調を根本的に回復するためには、『身体の土台のゆがみを取り除く』『日常生活の正しい身体の動かし方を知る』。この2つが重要です。正しい施術を受けることにより、不調のない身体をとり戻すことができます。

 

 手術を受けることは決して悪いことではありません。しかし、手術すると決断する前に、まだまだできることがあるかもしれません。手術をせず根本的な原因を回復する方法を当院で見つけ、元気な身体を取り戻してください!

セルフケア(自己管理)で改善しない理由

◆そのセルフケア(自己管理)の方法は正しいですか?自分に合ってますか?◆

 セルフケア(自己管理)は正しい方法で実施しなくてはいけません。不調の原因を理解せず、効果があるかどうかを理解していないと、逆に悪化してしまうこともあります。

 

 近年、テレビやインターネットなどでさまざまなセルフケアの方法を知ることができますが、不調の原因が人それぞれ異なる以上、それが本当に患者様の症状に合ったセルフケアの方法なのかを判断しなければなりません。場合によっては、逆に身体の状態を悪化させてしまったり、歪みを生じさせてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 セルフケアをすることはとても良いことですが、ご自身に合ったセルフケアの方法を見つけることと、継続することがとても大切になります。

PageTop